子どものしつけについて、いま一度考えてみる

「ちゃんとご挨拶しなさい」母親に促され、渋々あいさつをする近所の男の子を見かけたとき、ふと子供のしつけについて考えさせられました。

しつけとは、人間として生きるための教育であり、善悪の判断や道徳規範を教えることであると提議されています。

親は子供の人格形成の手助けをし、社会生活に合った立ち居振る舞いができるよう導く責任があります。

しかし、自分の思い通りにすることがしつけだと勘違いしている保護者が後を絶たちません。

しつけと称した大人から子供への理不尽な扱いや体罰が横行しています。

その反面、子供の自由だからと責任放棄し、自由を履き違えた放任主義も目立っています。

私は自分の子供に対し、「自分を傷つけない、他人を傷つけない、環境を傷つけない、それ以外は何でもやりなさい」と教えています。

子供はそのルールに則り、自分で考え行動しています。

行動に迷ったときは、なるべく自分で考えて決められるよう導いてあげます。

大人が間違えれば、それを見て育った次の世代も、またその次の世代も同じ過ちを繰り返してしまいます。

子供は大人を見て育ち、育ってきた環境に大きく影響される存在です。

大人はいつの時代も子供の手本とならなければなりません。キレイモ 金額

子どものしつけについて、いま一度考えてみる